『マーメイドソング』の公式blogです  リンクフリー
by mermaid_song
カテゴリ
TOP(NEWS、更新履歴)
公演概要
introduction
CAST
STAFF
STORY
Ticket & Time Table
MU プロフィール
制作日誌(随時更新)
フライヤー
BBS
劇場案内 アクセスMAP
レビュアー募集
ギャラリー
出演者次回公演情報
Outro(公演後企画)
最新のトラックバック
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
いよいよ千秋楽を迎えます
e0099030_3172330.jpg

おかげさまで、連日満員で千秋楽を迎えようとしています。
すでにご来場頂いた方、ありがとうございます。この場を借りてお礼を。

つくづく芝居は生ものだと感じています。劇場入りしてからも、本番の経過を受けて演出、音響などテコ入れしてアップデートしています。初日を観た方でも千秋楽が楽しめるような部分もかなりあり、そこでもまた生ものだなあ、と喜びがあります。いつも袖から芝居を見ながらダメ出し書いたり念波を送ってるのですが、昨晩のステージの後半は素でグッと来ました。

あとレビュアー募集で応募頂いたQu'itosさんから素敵なレビューが届きましたので、<相反するもの、その境界 ~MU『マーメイドソング』>をリンクします。Qu'itosさんは、「まだ分かりきれてない部分がある」と正直にメールくださってレビューにも書かれてますが、その曖昧な気持ち、相反する感情、ひとのグレーゾーンにぶっっこむものが僕は作りたかったので、感想として嬉しいです。ラストシーンの言及がとてもジャスト。

観劇後、ライターの菱川くんに開口一番「ストーリー展開がプログレ」って言われて爆笑。そう、プログレなんだよ。ブルートでお世話になったクロム舎の西山さんは、思った以上に「情念込め過ぎ」だって。わはは。

まままま、皆様どう感じてもいいんです!時間的には本当に長くなってしまって申し訳ないですが、笑いたい時に笑えばいいし(大声で)、泣きたいときに泣いてもらえればいいんです。何より「暴力」と「ガール」が何故繋がるのか、をビビッと来た方なら何かしら感じて頂けるとそれだけを願っております。感想なんて間違ってても合っててもどっちでもいいから、誰かが誰かに自分のことのように語りたくなるようなものがいい。僕自身も好きな人や物にずっとそう接して来たように。ただただ、誰かの何かを動かしたくて仕方がありません。

では、明日の千秋楽お楽しみにしていてください。
スタッフ・キャスト一同、全力で頑張ります。劇場でお待ちしています。」

text hasegawaayumu
[PR]

by mermaid_song | 2006-11-27 03:48 | 制作日誌(随時更新)
<< シーン4  ギター 小屋入りしました。 >>