プチレビュー地獄出張版状態で更新
e0099030_2401365.jpg

チャリT企画佐藤佐吉演劇祭参加作品「アベベのベ」(作・演出/楢原 拓(chari-T)2006/10/13(金)〜17(火)@王子小劇場)を観劇。稽古直前ではあるけど、今回の公演に出演してくれる熊野くんが所属する劇団で(〜ええい堅苦しい)とか、そういうのは抜きで!もはや一ファンとして観に行く。

結論から言うと、いままで観たチャリT企画のなかで一番好き。一場四幕80分という制限のなかで「政治×日常×演劇」の掛け算がピタッとハマってた。いまの日本の矢面に出て行きたいけど出て行けない現状を「右」とか「左」とか安直に振り分けず、リアルに「コンビニの事務室」というあまりにも地味だけど身近な距離に落とし込んでいて、僭越ながらこれは作・演出の楢原さんのひとつの到達点ではないかなー、とやや興奮しながら劇場を跡にしました。

無理に茶化さずテーマもブレず、適材適所で、言い出したら切りないですが。ほんとよかったです。半径5メートルのくだらない恋愛とか、慈善事業みたいな青春群像が闊歩する小劇場界において、真逆のベクトルでちゃんと時代から逃げてない姿勢に感動。もしまだ未見の方いましたらぜひぜひ。ラストシーンがとても綺麗。

肝心の熊野くんも理路整然としつつ、いい感じに汚れを引き受けてて凛としてました。ますます一緒にやれるのが楽しみだっちゃ。」

text hasegawaayumu
[PR]

by mermaid_song | 2006-10-14 02:22 | 制作日誌(随時更新)
<< 稽古が本格的に始まりました。 マーメイドソング制作&稽古日誌 >>